超音波液体流量測定

ブロンコストES-FLOW™超音波流量測定技術

Bronkhorst® ES-FLOW™ 流量メータは、非常に内径が小さく障害物やデッドボリュームが無いストレートチューブ内の超音波の伝搬により流量測定を行います。センサーチューブの外壁には、半径方向の振動によって超音波を発生させる複数のトランスデューサ(変換器)ディスクが配置されています。すべてのトランスデューサは超音波の送信および受信に寄与し、全ての上下流の信号の組み合わせが記録され、情報処理されます。信号間の時間差(ナノ秒の範囲)を正確に測定することによって、液体の流速および音速が計算されます。ES-FLOW™は、これらのパラメータと正確なチューブ断面積より、4〜1500 ml / minの範囲の液体体積流量を測定することができます。この流量計の特徴は、実際の音速を測定できることです。つまり、この技術は液体に依存せず、流体ごとの較正は必要ありません。

Bronkhorst EL-PRESS Pressure Sensor

製品ページ:ES-FLOW

他の(従来の)超音波流量測定原理

(出典:Wikipedia. これらの技術は、ブロンコストがES-FLOWシリーズに適用する技術とはまったく異なり、したがって直接比較することはできません)

トランジットタイム式(伝搬時間差方式)

超音波流量計は、流体中を伝播する超音波パルスの通過時間差を測定します。この時間差より、超音波ビームの経路に沿った流体の平均速度が算出されます。絶対通過時間をもちいて、平均流体速度と音速の両方を計算することができます。この測定原理は、Bronkhorst ES-FLOWの流量範囲よりも高い流量範囲の、SONIC-VIEWのような大口径チューブの場合に適用可能です。

製品ページ:SONIC-VIEW

ドップラー式

超音波流量計の別の方法は、流体中の固体粒子、気泡のような音波を反射する混入物や、清浄流体の場合には流体自体の乱れにより反射される超音波ビームのドップラーシフトの使用です。この方式も、超低流量測定には適しません。

Share this page: