Ask us - button

ペーパーコントロール"CEM"の理論と特徴

室温において、液体(化学反応の前駆体となる流体や、加湿プロセス向けの水)は、不活性ガスブランケットまたは透過膜を有する容器から供給され、液体用マスフローメータによって測定されます。要求される流量は、コントロールバルブ(C)によって設定値に制御されます。このコントロールバルブは、特許取得済みの液体・キャリアガス混合弁(M)の一体部分を構成します。その後、発生した混合物を気化器に導き、全量蒸発(E)を達成します。これは、Bronkhorstの液体デリバリーシステムの3つの基本的機能であるCEM(Control - Evaporation - Mixingの略語)を説明しています。これらに加え、CEMシステム動作のための電源を含むリードアウト・コントロールユニットを組み合わせます。

cemtheory

Share this page: